書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります



第3242号 2016年02月13日 (土曜日)


室井尚氏インタビュー
■哲学/美学研究者の室井尚氏が『文系学部解体』(角川新書)を刊行した。現在の安倍政権下で推進される国立大学改革と人文社会科学系の廃止・見直し政策に対し、大学当事者の立場から現状を報告し、「自由な知」の可能性を問うた渾身の一書である。本書をめぐって、室井氏に話をうかがった。(インタビュー日・1月7日...

図書新聞本紙掲載の書評を新聞発行と同時にサイト上で購読できます。
※一部連載記事を除き、 新聞購読契約者のみのサービスとなります。
 このマークの付いた書評は、購読契約者以外の方も読むことが出来ます。

書評検索バックナンバー から、過去の書評も読み直すことも可能です。
※一部連載記事を除き、新聞購読契約者のみのサービスとなります。
 このマークの付いた書評は、購読契約者以外の方も読むことが出来ます。

文学・歴史・マンガ・映画etc…あらゆるジャンルの書評を誰でも自由に投稿・閲覧できます。



書籍の購入や書店別売れ筋ランキングなど。


太洋社、営業損失改善せず自主廃業へ
「帳合変更終了まで商品供給を」國弘社長
戸田センター、神田商品センターなど売却へ

 太洋社は2月8日、取引先の出版社と書店を東京・汐留のベルサール汐留に集めて、自主廃業に伴う事業清算の方針について説明した。登壇したのは國弘晴睦社長と矢島雅史取締役。
 初めに國弘社長が「営業損失の拡大傾向を改善できない」と現状を説明し、「出版社への支払いに困難をきたす事態に陥る前に全資産の精査を判断した」などと自主廃業を決断するまでの経緯を説明した。
 そのうえで、今後は、同社が保有する不動産や有価証券の現金化や取引先書店の帳合変更を推進するとともに、書店に対する売掛金の回収見通しを算出し、取引先に改めて資産と負債を明らかにしていくという。
 帳合変更を進めていく上で、出版社に対しては、「帳合変更は今後1カ月くらいかかる。終了するまでは商品の供給を継続してほしい」と訴えた。
 保有する不動産は、埼玉・北戸田の戸田センター(11億3000万円見込み)、東京・神保町の神田商品センター(2億1800万円見込み)、四国支店や長崎市の更地など(合計6000万円)。有価証券は現金化すると、1億数千万円相当としている。
 取引する書店は300法人・約800店。取引先書店に対する売掛金は平成27年12月末時点で47億円。國弘社長によると「売掛金の一部を棚上げ支援したのは一部の書店。不動産の担保や連帯保証人を求めるなどの保全処置を講じている。他の大多数の書店には一日も早く帳合変更してほしいと伝えている。それも今進んでいる。帳合変更してもらえれば、約定よりも早く返済してもらえるので、出版社への返済原資は急速に積み上がる」と説明した。


千代田図書館企画展示
図書新聞が選ぶ
時代を読み解く本ベスト20
 新聞には毎日、社会問題に関する新しい記事が掲載され、時代はめまぐるしく変化しています。しかし変化ばかりにとらわれてしまうと、時代の本質を見抜くことはできません。その手掛かりとなるのが本です。
 この展示では、辛口書評紙「図書新聞」が、直近1年間に紙面掲載した書籍から20冊を厳選し、時代を読み解く本として紹介。合わせて、それらを読む前に最適な入門書、さらに知識を深めるための関連書を推薦コメントとともに展示します。さらに、ベスト20には入らなかったものの、ぜひ読んでもらいたいおすすめ本約50冊も展示します。
 本の専門家が選んだ時代を読み解く本をきっかけに、これからの時代をご自身で考えてみてください。
会期 2016年1月25日(月)~3月26日(土)
主催 図書新聞/千代田区立千代田図書館
協力 三省堂書店神保町本店/東京堂書店神田神保町店
 http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20151225-17865/

◆展示関連企画◆
三省堂書店神保町本店と
東京堂書店神田神保町店で
連動フェア開催
展示する本の一部をフェア会場で販売します。開催時期など詳しくは、各店舗にお問合せください。


◆展示関連イベント◆
創る、売る、批評する立場から
伝えたい本の愉しみ
日時:2016年2月19日19:00~20:30(開場18:30)
会場:千代田図書館 9階 特設イベントスペース
席数:50席(事前申込不要、当日先着順、立ち見可)
参加費:無料
講師:
下平尾直(出版社「共和国」代表取締役)
大矢靖之(紀伊國屋書店新宿本店仕入課係長)
清原悠(東京大学大学院博士課程/社会学)
須藤巧(「図書新聞」編集長)

 マスコミが盛んに報道する「出版不況」。確かに、出版市場はピーク時の6割にまで縮小し、出版社は「本が売れない」が口癖になった。しかし、本当に本は読まれなくなったのか? 本はつまらなくなったのか? いや、決して違う。本はいまも大事に生み出されて、1冊1冊読者に手渡されている。
 本講演会では、創る、売る、批評する現場から〝本の可能性〟について考えたい。
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20151225-17870/





< ■電子版 図書新聞 新聞オンラインでも配信開始!!

●配信サイト
新聞オンライン(電子出版ポータルサイト)
 http://www.shimbun-online.com/
 【専門紙】欄
 [図書新聞   新聞オンライン]でクリック

●配信サイト
e-SHINBUN(電子出版ポータルサイト)
 http://www.e-shinbun.net/
 【業界紙・専門紙】欄
 [図書新聞   e-SHINBUN(イー新聞)]でクリック

●2009年以降発売のバックナンバーすべてと2013年に刊行した号をアップします。











リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『柔道一如――柔道家高木喜代市とその周辺』
『究極の理論で世界を読み解く――数学と科学の誕生と混迷の物語』
『東大2016 CHANGE東大』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 あの日
(小保方晴子)
2位 ランチパスポート神保町・水道橋・御茶ノ水 Vol.4
()
3位 朱の記憶 亀倉雄策伝
(馬場マコト)
■青森■成田本店様調べ
1位 天才
(石原慎太郎)
2位 あの日
(小保方晴子)
3位 言葉の贅肉
(伊奈かっぺい)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 天才
(石原慎太郎)
2位 つまをめとらば
(青山文平)
3位 糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法
(山田悟)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約