書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆小嵐九八郎
壊れる寸前の切なさ――芥川龍之介著『歯車』(本体四二〇円、岩波文庫)
No.3441 ・ 2020年03月28日




■横浜の全国紙のカルチャー・センターで三十年ほど講師をしていて、その中身は小説を書いてもらうことと、芥川賞や直木賞の作品、流行りの小説、名作をテキストにして互いに討論しあうことだ。それで、今回は、そこで近頃気になって、三回目の読書でやっとその凄みに気付いた小説について記す。これからも、近刊のあれこれだけでなく、古典的なそれを取り上げていきたいもの。
 指示代名詞が多くなっちまうが、それは、芥川龍之介の『歯車』(本体420円、岩波文庫)だ。御存知の通り、この小説は睡眠薬による自殺の三ヵ月前に書き上げた遺稿である。
 高校時代と大学時代に当方が読んだ時の印象は、光景がくるくる変わる、ストーリーがつまらない、芥川自身の暗いとの思い込みが強いなどだった。要するに俺は解っていなかった。だけど、あの名作『地獄変』ですら当方がやっと三度目に、六十五歳で読み「えっ、こりゃ、美をとことん追う人間が、それも愛しい娘さえ犠牲にしても深追いする人間が、ごく普通の道徳の前で自壊する話か」と解りかけたわけで、七十五歳の今、『歯車』を少しは理解し得るのではと挑んでみた。
 かみさん殿がかなり厳しい躁鬱病(今は双極性障害と呼ぶのか)を経たり、親しい友人や親戚の人間が統合失調症になったりで『歯車』の読み方が変わったのか、この小説は「凄ええ」と感じた。一九二七年の作だが、世間だけでなく芥川も“気狂い”になることを忌み嫌い、恐怖した時代、ましてや実の母も“発狂”しているので、芥川の、幻覚としての歯車、レイン・コートの男などを見てしまう切迫感は切実にして圧倒的であるのだ。うんと後に芥川賞を取った吉田知子の『無明長夜』の朧の迷路と違い、病者の叫べそうで叫べないひりひりする切なさが満ち、壊れる寸前なのである。むろん、病者自身の必死な苦しみの表現としても本邦の最初の小説だろう。小説それ自体との評価は別ものかも知れないが、書き終えて三ヵ月で自死している「事実としての説得力」にも頭を垂れる。
 老いて、芥川賞を斜め読みしまいと思った。







リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 なめらかな世界と、その敵
(伴名練)
2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
(石川九楊)
3位 罪の轍
(奥田英朗)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 一人暮らし
わたしの孤独のたのしみ方
(曽野綾子)
3位 のっけから失礼します
(三浦しをん)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約