書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆寺田操
私たちを取り囲んでいるさまざまな「さかいめ」の存在――人が記憶として覚えていることは、ほんの上澄みだ
左子真由美詩集 RINKAKU
左子真由美
No.3415 ・ 2019年09月14日




■黒の地に白い線描、パウル・クレーの絵のような柔らかい曲線使いのカバー絵(美濃吉昭)の帯に一篇の詩が白字で刻まれていた。
 「それは/パンの竈の小さな種火/遠い昔に/消し忘れたままの/部屋の灯り/いつまでも/いわれのない懐かしさと/寂しさで/わたしの肩をたたく/愛しいシグナルよ//あなたはだれ?/だれの指?」(「シグナル」)
 ふいに明かりを落とした小さなステージに誘われ、遠い日にライブハウスで聴いたシャンソンを思い出した。一人の詩人が歌うように静かに詩を語っている。初冬のパリ「カフェ・プーシキン」で見た年老いた男女の物語を、パリの路地裏で風船を売る「マリアンヌ」のつぶやきを、戦場の血の記憶を流す「この雨」のことを。
 シャンソンは「三分間のドラマ」といわれる。過ぎてきた日々の陰翳を幻燈のように映し出すかと思えば、エスプリの効いた語りを未来へ向けて響かせる。「シグナル」は人生の交差点の信号であると同時に、世界を照らす小さな「徴」ではなかろうか。
 「りんごをなぞるように/きみのりんかくをなぞる/ふしぎだ/せかいと/きみとに/さかいめがあるなんて」(「輪郭」)
 目の前にいる誰かの顏をスケッチしているのか、それとも記憶のなかの誰かを思い浮かべて描いているのか、あるいは愛しい人の...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約