書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆栗原 康
やりたいことしかもうやらない──「直線」の時間は成り立たない。借金なんて返さない。わたしはビールが好きだ。
脱資本主義宣言――グローバル経済が蝕む暮らし
鶴見 済
No.3081 ・ 2012年10月06日




 わたしはビールが好きだ。朝から晩までビールのことばかり考えている。いったい何千、何万リットルのビールを摂取してきたことだろう。ともすると、自分は人間ではなくて、ビールなのではないかと思えてくる。こんなことを述べてみたのは、本書がビールの本だからではない。本書はあくまでグローバル経済の入門書である。世界の貧困、環境破壊。その原因はどこにあるのか。はじめから答えはあきらかだ。資本主義がわるい、カネ儲けしか考えていない大企業や国家がわるいのである。だが、本書の特徴は、そこからさらにふみこんで、資本主義の問題を日常生活にひきつけて説明している点にある。
 たとえば、第二章では、わたしにとってなじみぶかい缶ビールが例にあげられている。周知のとおり、缶ビールの缶はアルミでできている。軽くてとても便利だ。だが、アルミは他の金属とくらべて、精製過程に大量の電気をつかう。エネルギー浪費型の資源である。日本では電気代が高くてつくれない。そこで、日本はODAの援助と称して、インドネシアにダムと水力発電所を建設させ、その安い電気をつかってアルミをつくらせてきた。あとはそれを逆輸入するだけだ。インドネシアでは環境破壊がすすみ、低賃金の工場労働がふえただけで、一般家庭には電気すらいきわたらなかった。ア...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    『句集 別の朝』
    『彼らが若かった頃――姉と弟の物語』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 デザインのひきだし30
    (グラフィック社編集部)
    2位 果てしなき追跡
    (逢坂剛)
    3位 芥川賞の偏差値
    (小谷野敦)
    ■青森■成田本店様調べ
    1位 伝道の法
    (大川隆法)
    2位 勝ち続ける組織の作り方
    (黒田剛)
    3位 それでもこの世は悪くなかった
    (佐藤愛子)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 それでもこの世は悪くなかった
    (佐藤愛子)
    2位 こころの匙加減
    (高橋幸枝)
    3位 応仁の乱
    (呉座勇一)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約