書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆廣瀬純×平井玄
「自由」と「正義」に引き裂かれ――「回答不可能な問い」を生産せよ:対談 廣瀬著『蜂起とともに愛がはじまる』をめぐって
蜂起とともに愛がはじまる――思想/政治のための32章
廣瀬純
No.3066 ・ 2012年06月16日




 ▼廣瀬純氏の『蜂起とともに愛がはじまる』(河出書房新社)が刊行された。オビに「世界を破壊する思想入門」とあるが、「破壊」や「思想」というにとどまらず、そもそも「考えること」の楽しさと闊達さをも感じられる本だ。これを機に、廣瀬氏と「半径1キロの思想家」平井玄氏に、「蜂起」や「原発事故」などについて語っていただいた。(須藤巧・本紙編集)

◎われわれは「99%」なのか?
平井 『蜂起とともに愛がはじまる』と題された新著、とても楽しく読みました。ジル・ドゥルーズが、小説や絵画や映画などの芸術作品に入り込み、自分の思考に繋げていく姿勢について「後ろからのしかかる」と表現することがあります。そういう思考の態勢を、この本のベースになった「週刊金曜日」の連載で廣瀬さんもとっている。これは慧眼だと思います。つまり本書はただの最新思想紹介でもないし、前衛アートシーンを論じるものでもない。あえてそれらを衝突させ、相互に貫通させる。そうやって今進行する「出来事」の生成に迫るものです。
 冒頭に収録されている「頭痛――知力解放から蜂起へ」(「頭痛論」と呼びましょう)は、アメリカのオキュパイ運動真只中の十月二十九日にロンドン大学のシンポジウムで廣瀬さんが発表したもので、昨年の生々しい情勢変化を貫くように...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 デザインの
    ひきだし 36
    (グラフィック社
    編集部)
    2位 昭和疾風録
    (なべおさみ)
    3位 この道
    (古井由吉)
    ■青森■成田本店様調べ
    1位 どう見える?
    生きる跡アート
    (高橋弘希)
    2位 下町ロケット
    ヤタガラス
    (池井戸潤)
    3位 大家さんと僕
    (矢部太郎)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 樹木希林120の遺言
    (樹木希林)
    3位 「日本国紀」の
    副読本
    (百田尚樹)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約