書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆杉本真維子
わたし/感情
No.2896 ・ 2008年11月29日




 できるだけお金のかからない方法で殺すことが、考えられないほどの残酷にいたることをある日、わたしは知った。
 のどに棒をつっこむ
 しっぽを持って頭を地面に叩きつける
 頭を数人で踏む
など、これらの方法をもってぐったりさせ、残業になっても賃金がでないので、まだ生きているうちにナイフで皮を剥いでいく。でも、まだ、生きているから、急に暴れだすこともあって、そうしたら殴る。殴ってはまた剥ぎはじめる。その作業の繰り返しによって、一枚のコートができあがった(毛皮を傷つけないように、頭だけをやらなければならない)。その後ろでは、すっかり皮を剥がされて、いったい何の生き物だったのか判別もつかない、つやつやした血まみれの肉の塊が蠢いている。よく見ると、まだぴくぴくとまばたきをしている。ゆっくりと首をまわし、ぴたっと動きを止めると、そのまま後ろに倒れこんで、痙攣しながらついに絶命した。
 きつね、うさぎ、たぬき、いやもっと、犬も猫もたくさんいた。わたしが見たのは、たぶん犬であった。仲間が殺されるところを見ながら、じぶんも次の順番を待っていた。どんな気分なのだろう。でも、わたしも、むかし、そんなふうに並んでいた気がするのだ。
 なぜ、わたしは、見てしまったのだろう。洋服やバッグの縁についているファー、かわいいファーのマフラー、コート、これらが、どうやって製造されているのか、ある日、きゅうに疑問に思い、調べてしまった。恥ずかしかったのは、わたしはこれらは、すでに死んだ生き物からとっているものだと、なんとなく、思っていたからだ。 
 でも、死ぬのを待っていたら、商売は成り立たない。その当たり前に気づかぬほど、何も考えず、そうやって殺された動物の毛を撫でていたわたしの指と、怖いといって怯えるわたしの指は、決して仲たがいしてくれない。これからも、矛盾せずに、繋がれたままあるのだろう。ただ、それでもやっぱり、こんなことはもういやだ。







リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 飛ぶ孔雀
(山尾悠子)
2位 責任について
(徐京植ほか)
3位 京都、パリ
(鹿島茂ほか)
■青森■成田本店様調べ
1位 どう見える?
生きる跡アート
(高橋弘希)
2位 下町ロケット
ヤタガラス
(池井戸潤)
3位  大家さんと僕
(矢部太郎)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 すぐ死ぬんだから
(内館牧子)
2位 沈黙のパレード
(東野圭吾)
3位 50歳からのきくち体操
(菊池和子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約