書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆鈴木一誌
追悼 土本典昭  〈まず見る〉ひと、土本典昭──〈未完を残す〉作家は最期まで現役だった
No.2878 ・ 2008年07月19日




 この紙面が読者の手もとに届くころ、一冊の本ができ上がっているだろう。書名は、『ドキュメンタリーの海へ 記録映画作家・土本典昭との対話』。現在は東京国際映画祭アジア部門のディレクターである石坂健治さんが、土本監督から、作品歴や映画術のすべてを聞きだした決定版だ(現代書館より刊行)。今年の五月はじめ、「肺ガンらしい」との土本さんの病状が、ブックデザインを担当しているわたしにも伝わり、病状の進行と本づくりの進捗は、追いつ追われつだったが、間に合わなかった。本を土本さんに見てもらえなかった残念さを措くにしても、あまりに早い旅立ちだった。
 『ドキュメンタリーの海へ』のページを繰る者は、巻末に土本典昭署名の「あとがき」を見つけ、「二〇〇八年三月一五日」の日付を認めるはずだ。土本さんは、本の全貌を確認し、写真のセレクトやキャプションにいたるまで目を通し、「あとがき」をしたためた。デザイナーならではの感想かもしれないが、本書には、土本さんの〈眼〉が埋め込まれている気がする。
 この本は、記録映画作家についての記録だと言える。本づくりにたずさわる石坂さんや編集者、デザイナーは、記録に関する大先達である土本さんの〈眼〉をつねに意識せざるをえなかった。そんなさなかでの病巣発見の知らせだ。いつか...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 純喫茶の空間
    (難波里奈)
    2位 安倍官邸vs.NHK
    (相澤冬樹)
    3位 全身芸人
    (田崎健太ほか)
    ■青森■成田本店様調べ
    1位 どう見える?
    生きる跡アート
    (高橋弘希)
    2位 下町ロケット
    ヤタガラス
    (池井戸潤)
    3位 大家さんと僕
    (矢部太郎)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 払ってはいけない
    (荻原博子)
    2位 柳都新潟古町
    芸妓ものがたり
    (小林信也)
    3位 このミステリーがすごい! 2019年版 (『このミステリーがすごい!』編集部)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約