書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆内藤朝雄氏インタビュー
社会の問題を映し出す染色液
No.2858 ・ 2008年02月16日




 『〈いじめ学〉の時代』を上梓した内藤朝雄氏に、いじめとその現象をめぐり、またそこから見えてくる社会とその問題について話をうかがった。(インタビュー日・12月28日/聞き手・小山晃〔本紙編集〕)

いじめを研究するということ

 ――内藤さんは、いじめというものをどのように捉えているのでしょうか。
内藤 『いじめの社会理論』で、いじめの定義を行いました。他人が苦痛に思えば何でもいじめだという風潮があり、他の論者や関連組織の定義にもそういう風潮が影響していますが、私はそれはまちがっていると思います。「女性が不快に思えばセクハラだ」「相手が苦痛に感じればいじめだ」というのは、めちゃくちゃな論理です。必ずしも相容れるとは限らない多様な生のスタイルを生きる者たちが、侵害することなく(そして、べたべた共生することを強いられることなく)適度に距離をおいて共存することが、自由な社会の基本的な枠組みです。自分の生き方に照らし合わせれば醜いと感じる生き方をしている人が目の前にいて、その存在感を身近に感じるだけで不快だったり、苦痛だったりするのは当然のことです。嫌いな人(特に生理的な嫌悪感を感じる人)は、目の前にいるだけで苦痛なのです。距離をとる自由、つまり「なかよくしない」自由を保障しながら、そ...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 純喫茶の空間
    (難波里奈)
    2位 安倍官邸vs.NHK
    (相澤冬樹)
    3位 全身芸人
    (田崎健太ほか)
    ■青森■成田本店様調べ
    1位 どう見える?
    生きる跡アート
    (高橋弘希)
    2位 下町ロケット
    ヤタガラス
    (池井戸潤)
    3位 大家さんと僕
    (矢部太郎)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 払ってはいけない
    (荻原博子)
    2位 柳都新潟古町
    芸妓ものがたり
    (小林信也)
    3位 このミステリーがすごい! 2019年版 (『このミステリーがすごい!』編集部)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約