書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります

第3331号 2017年12月16日 (土曜日)
今週の一面 『メタヒストリー』以降の歴史学――新たな転回の局面を迎えている 長谷川貴彦
書評その他 ゴッホの思想史的位置づけ――知っているつもりのゴッホにも、確実に未知の部分が残されている 小泉順也
書評その他 「毎日登山」の魅力――標高差三〇〇~五〇〇mの居住地周辺の低山登山が、本格的登山のトレーニングや健康増進に最適だ 大野秀樹
書評その他 「闇から光へ」、「死から再生へ」と向かうケルトの人びとの不屈の想像力――ハロウィンの古層にあるものとは何か 野口良平
書評その他 「歴史学の言語論的/物語論的転回」再考の機会――過去の出来事が「意図して」忘れられつつあるこの日本社会において、それら「言語を絶する」事象をあらためて再現在化=表象する道を探る手がかりを、ここに見出すことができる 鹿島徹
書評その他 喜びを共有することは、「せかい」をかたちづくることの源泉――大人たちにこそ読んでもらいたい絵本 山井悟
書評その他 姉をテロで亡くした十歳の男の子と崩れた家庭――テロが身近なことになってしまった現実を子どもたちに知らせる児童文学 名取弘文
書評その他 もう一つの古典史観を構想――時代の文脈に定位することで保田の再評価を迫る 石井正己
書評その他 清張文学の「大きな功績」――「大衆性」と「庶民性」の正体を見る多角的な論点によって結ばれる松本清張像 尾崎名津子
書評その他 メディア文藝の境界を認識せよ――今、アニメは文学として、研究対象として耐えうるものになっている 世叛
書評その他 新たな文学史の可能性を感じさせる――「省筆」とは、「書かず」と明記することによって、読者に「書かれない」の存在を強く意識させる修辞法 中川照将
書評その他 「浮世草子」怪談ならではの『御伽百物語』の魅力――入念な注釈は大変な労作 近藤瑞木
書評その他 「不可能性」へ賭けた仕事――難題に取り組んだ詩人、美学者、画家、美術批評家、写真家五人の闘いの記録 木下長宏
書評その他 理念としての建築を現代に探求する――著者の手にする糸口が、書物から引きだされただけの机上の産物ではない点も魅力 天内大樹
書評その他 トランスナショナル・ヒストリーの作法――歴史学界を牽引してきた近世史家の自伝 内村俊太
書評その他 手稿の政治的言説から浮かび上がるソシュール像を慎重に素描しようとした貴重な労作――「現代フランス思想」風の華やかな像からは遠くかけ離れた、真理を追究するソシュールの姿 松澤和宏
書評その他 「グローバル化」現象を軸に、各国政治におけるポピュリズム現象を詳述――日本の地域政治研究の質の高さと広がりがうかがえる 吉田徹
書評その他 「難民問題」という複雑かつ人類的な課題の把握を学際的に試みる――多くの日本人にとって難民問題は情報の中にのみ存在している。確かな視角を提供する優れた論考も収録 山本哲史
書評その他 笑いがはじけるうたになって凱旋――啄木の心的多面性が、肉感的に迫る 工藤正廣
連載 新刊目録 11・28~12・4 編集部
連載 「横綱相撲」(江口朴郎)と評された或る人文学者の仕事を、膨大な資料から復元する――『島田謹二伝――日本人文学の「横綱」』を読む 稲賀繁美
連載 追悼 ヤンボ・ウォロゲム――抵抗すらも取り上げられたときに私たちに残されるのは何か 中村隆之
連載 署名本の行方――中原中也と立原道造は自筆の献呈署名を第一詩集に入れて互いに贈った 内堀弘
連載 そして船は行く――「澁澤龍彦 ドラコニアの地平」展(@世田谷文学館、12月17日まで) 平井倫行
連載 間のない音、の巻 秋竜山
その他特集 国内最大級の地名事典『世界地名大事典 全9巻』(朝倉書店)完結 厳選した全48000余の地名から世界の全体像をつかむ






サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約