書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります

第3003号 2011年02月26日 (土曜日)
今週の一面 「技」としての政治――出来事の「動き」に寄り添う論集成る シリーズ「政治の発見」(風行社)をめぐって 対談 杉田敦×宮本太郎
書評その他 日本の高等教育研究を集大成したアンソロジー――研究蓄積をふりかえり、新しい研究視座を提示する 「リーディングス 日本の高等教育」全八巻完結によせて 橋本鉱市・阿曽沼明裕
書評その他 欧米のメディアを「操縦」した広報外交の実態を解明――黄禍論対策の情報戦を日本はいかに戦ったか 米田綱路
書評その他 日本の〈スペイン学〉大系の確立を公言する一書――日本とスペインの相互理解・相互信頼こそ言語文化を豊潤にする 片倉充造
書評その他 「文化とは何か」という本質的な問いへと繰り返し立ち戻っていく――セゾン文化における文化と芸術と事業の関係とは 若林幹夫
書評その他 通説をくつがえす、柳田国男の中の〈東北〉――民俗学の原点にもどり日本民俗学を見直す土台に 錦仁
書評その他 来るべき公共性に向けて世界を開く――公共の事柄を共に考える政治的想像力を喚起する試み 五野井郁夫
書評その他 裁判で命まで奪い得る「真実と確かさ」があるのか――永山則夫の弁護人が死刑制度の根底を問う とよだもとゆき
書評その他 戸主制廃止、差別社会是正へ模索する韓国――各政権下の家族政策とその問題点を丹念に分析 熊田洋子
書評その他 「ブント樺党」を自称する主人公の一筋の思い――描かれる寂寥感は人を求めてやまない心情の象徴 村木哲
書評その他 ソーシャル・ネットワークとソシアリスム ICANOFとMolecular theatreの襞‐余白に 松本潤一郎
書評その他 伝説の「実話作家」、三度目の復活――文学の力、フィクションの魂がある 谷口基
書評その他 無意識の中へ降りてゆく、ぞくぞくする旅――幻視に次ぐ幻視の驚嘆すべき光景に出くわしつづける 北爪満喜
書評その他 「思想史」という取り組みに対する新鮮な視覚を提供してくれる――「語りえないもの」がいかに語られ、あるいは語り損なわれてきたか 村井則夫
連載 悪と暴力の試練を受け入れて、何度でもかけらのような抵抗を(最終回) 神山睦美
連載 コレクターの眼と足――蒐集とは無名の情熱によって叶うものだ 内堀弘
連載 理不尽な敗北感を手放すための契機――時間軸と視点を不思議なバランスで織り込んだ「距離、必需品」(岡田利規、『群像』)の興味深い視点 内藤千珠子
連載 乙女は涙を流さない?、の巻 秋竜山
連載 映画になったマンガとか、あんまり関係ないのとか――アレハンドロ・ホドロフスキー/メビウス『アンカル』(原正人訳、本体三八〇〇円)、マーク・ミラー/ ジョン・ロミータJr.『キック・アス』(光岡三ツ子訳、本体二二〇〇円・小学館集英社プロダクション)ほか ベイベー関根
連載 失ってしまった人間性の、もうできっこない蘇生の願い――三崎亜紀著『海に沈んだ町』(本体一五〇〇円・朝日新聞出版) 小嵐九八郎
連載 裏切られてきた平和への期待――朝鮮半島に平和は来るのか? 徐勝
その他特集 追悼:エドゥアール・グリッサン 「闇の歴史」を文学で表現することを使命として――混淆を常態とした世界のヴィジョンを構想した哲学者 中村隆之






サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 ランチパスポート神保町・神田版 秋葉原・御茶ノ水・水道橋・飯田橋 Vol.11
()
2位 デザインのひきだし32
(グラフィック社編集部)
3位 散歩本を散歩する
(池内紀)
■青森■成田本店様調べ
1位 捨てられる銀行2 非産運用
(橋本卓典)
2位 捨てられる銀行
(橋本卓典)
3位 九十歳。何がめでたい
(佐藤愛子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 生きていくあなたへ
(日野原重明)
2位 ブラタモリ9
(NHK「ブラタモリ」制作班)
3位 孤独のすすめ
(五木寛之)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約