書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります

第2944号 2009年12月05日 (土曜日)
今週の一面 宝石のような「落穂」を拾い上げる――死刑とは何かを考える上で、最良の書の一つ 中村文則
書評その他 どこか冷静に、距離感を持って太宰像を見極めようとしている――太宰を終生の師と仰いだ菊田義孝への鎮魂の想いを込める 皆川勤
書評その他 現下の世界的金融危機をポスト資本主義の表出とみるか――「企業の協働性と株式会社の公共性」を提言 黒川類
書評その他 この現在を、あらん限りに生きよ――守中高明の詩が抱える迷宮性そのものが迫ってくる 和合亮一
書評その他 最後の美しい強い光景に寄せて――内村剛介の初心とゆるぎない主題の強さがある 工藤正廣
書評その他 東欧革命のプロセスの一大パノラマ――東欧革命の歓喜と解放、自由の謳歌という祝祭気分のなかで、革命を主体的に担い、持続させていくという重い課題に気づいた人は少なかった 米田綱路
書評その他 どこまでも不可解な被告の闇――〈東北の闇〉との関わりで問い直せないか 井出 彰
書評その他 奇抜な発想とおもしろさで、文字の魅力と大切さがふんだんに 編集部
書評その他 森と水の詩人プリーシヴィンが捧げる生あるものたちへのオマージュ――森の生きものたちにまるで同化したかのような詩人の目線 舟崎克彦
書評その他 「ポストコロニアリズムの呪縛」からバーバを解き放つ――日本におけるバーバ思想への理解を一気に深め、議論の射程を広げる野心的な試み 本橋哲也
書評その他 スポーツと言葉が格闘するアリーナのような好著――スポーツする身体をめぐる従来の研究に新たな知見をもたらす論考集 稲葉佳奈子
書評その他 四十年近くにわたるクレオリストの足跡の集成――ことばが埋め込まれた現実を見極める明晰な散文 管啓次郎
書評その他 日本語のソシュール読解の磁場を新たな段階へと導いた壮大な試み――ソシュールの思想の未来にある、さまざまな可能性を予感させる 宮﨑裕助
書評その他 マルクス的視点から解明される「自然の敵」としての資本主義――人間を含めた地球上の生命体の存続のために求められるもの 尾関周二
書評その他 古代から脈々と伝わる人狼伝説に「狂気」の存在を読み解く――人狼伝説の研究に欠かせない古典の翻訳は非常に喜ばしい 菱川晶子
書評その他 別冊太陽 小林秀雄 矢口進也
書評その他 生の否定から生の肯定へ――作家自身の真実の生を作中に投影した、ある再生のものがたり 彦坂諦
書評その他 英雄たちの虚空とエロス――「何も気張ることはない」という、司馬の反英雄史観を卓越したアングルで捉える 岡庭 昇
連載 「日本印象派の稀なる絵画、センセーショナルな発見」――原田直次郎滞欧初期の大作風景画は、里帰りには値しないのか? 稲賀繁美
連載 (3)フランスの反資本主義新党こそ、マルクス主義の本源に復帰し、人類未曾有の挑戦を始めた 佐々木力
連載 続・韓国文学は、なぜ、つまらないか?――いちいち、日本と比較しても仕方ないが…… 鴻農映二
連載 「挫折した革命家」としての北一輝と北村透谷 神山睦美
連載 歩くことはいいことだ、の巻 秋竜山
連載 第58回 首相首席秘書官就任直後の大仕事、戦後五〇年「首相談話」 前田和男
その他特集 絵本作家の叫びが映像に蘇る――映画DVD『みなまた海のこえ』(文 石牟礼道子/絵 丸木俊・位里)藤山顕一郎監督に聞く 藤山顕一郎






サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
『句集 別の朝』
『彼らが若かった頃――姉と弟の物語』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 たべるのがおそい3
(小川洋子、倉田タカシ他編)
2位 蜜蜂と遠雷
(恩田陸)
3位 北海タイムス物語
(増田俊也)
■青森■成田本店様調べ
1位 蜜蜂と遠雷
(恩田陸)
2位 九十歳。何がめでたい
(佐藤愛子)
3位 100歳の精神科医が見つけたこころの匙加減
(高橋幸枝)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 蜜蜂と遠雷
(恩田陸)
2位 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
(ケント・ギルバート)
3位 応仁の乱
(呉座勇一)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約