書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


思考の隅景
ゾラとセザンヌ――「すれちがった巨匠」の交友をめぐる解釈のパラダイム・シフトにむけて 稲賀繁美
楽の音、詩の韻が伝える生命の息吹――東洋的養生と西洋近代の療法との〈あいだ〉 稲賀繁美
ひとはいつ・いかにして親鸞に呼ばれるのか――日本信仰思想史における宿命の周期律(後) 稲賀繁美
ひとはいつ・いかにして親鸞に呼ばれるのか――日本信仰思想史における宿命の周期律(前) 稲賀繁美
オディロン・ルドンから武満徹へ――《閉じた眼》における夢の転生と霊の出現 稲賀繁美
タケミカヅチはなぜタケミナカタに自らの手を握らせたのか?――『古事記』「国譲り」の発話構造における神威発現の機制と策略 稲賀繁美
「歴史に学ぶ」傲慢さと「歴史を学ぶ」無力さとの落差について――『竹山道雄セレクション』(藤原書店)刊行記念シンポジウムより 稲賀繁美
中世叙事詩の東西比較からみえてくるもの――十字軍遠征と源平合戦との対比より 稲賀繁美
海を越え、峡谷に臨む世界文学にむけて――Distant readingからDistance Readingへ――比較文学的アプローチの可能性 稲賀繁美
「横綱相撲」(江口朴郎)と評された或る人文学者の仕事を、膨大な資料から復元する――『島田謹二伝――日本人文学の「横綱」』を読む 稲賀繁美
虫の音も草の底なる夜長かな――内と外から見た文明体としての徳川・日本 稲賀繁美
凧(いかのぼり)きのふの空のありどころ――真偽の狭間から立ち昇る贈与の生気 稲賀繁美
触れること・触れられること・擽ること――「中動態」から社会正義の根幹を問い直す(3) 稲賀繁美
「意志的主体による責任」という〈虚構の必要悪〉――「中動態」から社会正義の根幹を問い直す(下) 稲賀繁美
「意志的主体による責任」という〈虚構の必要悪〉――「中動態」から社会正義の根幹を問い直す(上) 稲賀繁美
日本の高等教育・学術研究の財政基盤はどうなってゆくのか――国立大学付置研究所・センター長会議(5月25‐26日)を傍聴して 稲賀繁美
大津絵今昔――世界の目からみた庶民信仰の再評価 稲賀繁美
世代間の遣り取りと隙間とに育まれる「光」――美術批評家ゾラの軌跡‥『印象派の終焉』の著者・リチャード・シフの来日にちなんで 稲賀繁美
理論としての台湾の可能性――『知識台湾 台湾理論的可能性』(麦田出版、2016) 稲賀繁美
現代アパレル業界考:文化資本幻想の再配置――台北の国際デザイン史学会から 稲賀繁美








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 パラノイドの帝国
(巽孝之)
2位 雑誌に育てられた
少年
(亀和田武)
3位 抽象の力
(岡崎乾二郎)
■青森■成田本店様調べ
1位 どう見える?
生きる跡アート
(高橋弘希)
2位 下町ロケット
ヤタガラス
(池井戸潤)
3位  大家さんと僕
(矢部太郎)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 日本国紀
(百田尚樹)
2位 柳都新潟古町
芸妓ものがたり
(小林信也)
3位 わたしはよろこんで
歳をとりたい
(J.ツィンク)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約